マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎

2012年の冬に大流行したのがこの病気。いつ流行するかはわからないのですが、体そのものを丈夫にするのが予防策だといえます。

おすすめ通販 > マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 症状

マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという微生物によって引き起こされる肺炎です。感染経路は主に接触や咳による飛沫が原因になることが多いようです。

潜伏期間は2~3週間。その後発熱やだるさが数日続いてから、乾いた咳が出るようになります。最初の段階では風邪と症状があまり変わないので、見分けにくいというのが特徴です。

そして、マイコプラズマ肺炎によって引き起こされるこの咳はなかなか止まらないうえに、解熱してからも1か月近く続く場合もあるそうです。処置が遅れるとさまざまな合併症を引き起こしたり、咳が出続けることによって周囲に感染させたり、ということも起こる可能性があるので、乾いた咳が出てきたら要注意です。

マイコプラズマ肺炎 子供

実は患者は、子供~30代くらいまでがもっとも多いそうです。子供の場合は一度治ってもまたかかってしまうこともありますし、特に免疫ができあがっていない時期なので、感染すると長引いたり、ひどくなったりしやすい時期です。

マイコプラズマ肺炎に限らず、伝染病の感染を防ぐには免疫力を高めるのが効果的だそうです。免疫力が高いと、病原菌が体内に入っても、自分の体の免疫が菌から身を守ってくれるようになります。では免疫力を高くするにはどうすればよいでしょうか。

免疫力を向上させるのに効果的なものひとつが「乳酸菌」です。活きのいい菌をたくさん体に取り込むことで免疫効果を高めてくれます。ただ、中途半端な量の摂取ではあまり効果は出ないようです。免疫力を高めるために1日に必要な乳酸菌の量は、なんと1兆個なんだそうです。これは100gのヨーグルト100個分に相当する量ですから、普通では必要量を摂取できません。

そこでこちらのサプリメント。1日に必要な乳酸菌1兆個が1包に含まれているので1日1包飲むだけで十分な乳酸菌を摂取できます。実際に、このサプリを飲んでマイコプラズマ肺炎が治ったという人もいるそうです。免疫力を高め健康な毎日を過ごしたいという方はこちらから詳細をご覧ください。
確実に腸まで届く免疫向上効果No.1乳酸菌サプリメント

マイコプラズマ肺炎 トップへ戻る